[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法

アメニティドームのレビュー(口コミ・評判は?)

アメニティドーム

キャンパ

この記事ではスノーピークのエントリーモデルのテント「アメニティドーム」について紹介します。

スノーピークのデザイン性がありつつ、価格もリーズナブルに設定されたテントなので、テントの購入を検討している方はぜひメリットやデメリットについて知っておきましょう。

アメニティドームとは?

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥40,000 (2020/07/02 00:33:44時点 Amazon調べ-詳細)

アメニティドームとは、スノーピークが販売している初心者向けのテントです。

スノーピークのテントの中でも価格的にかなりリーズナブルに設定されているテントです。

これからキャンプを始めるためにテントの購入を検討している方や、スノーピークのテントに憧れを持っている方などにおすすめしたいテントです。

アメニティドームのメリット

アメニティドームのメリットについて紹介していきます。

設営が楽

初心者向けのテントということもあり、アメニティドームは設営が簡単に設計されています。

設営が楽になるようにパーツが色で分けられているので、色同士を合わせて設置していきます。

風に強い構造になっている

アメニティードームの設計では、室内高が低めに設計されているため、風に強い構造になっています。

風が強い場所ではフレームが破損したりするリスクもあるので、風に強い構造かどうかはテントの購入時に検討しておきたいポイント。

アメニティドームのデメリット

アメニティドームにもデメリットはあるので、購入前にぜひ把握しておきましょう。

純正のフロアマットシートの価格が高い

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥18,480 (2020/07/02 00:33:45時点 Amazon調べ-詳細)

銃声のフロアマットシートを買おうと思うと、約18,000円ぐらいするので、テント代に追加で18,000円は少し高いなーと思ってます。

純正ではなく、他のメーカーのフロアマットシートで代替可能なので、ぜひ他のメーカーのものも検討してみてください。

テントの背が低い

アメニティドームのSとMは室内高が150cm以下となるので、テント内で立つのは難しいです。特に身長が高い方にとっては、テント内は寝室としてしか使えないでしょう。

スカートが付いていない

スカートとは、フライシートの四方に付いている袖のことです。

スカートの機能としては、雨風や冷気を防ぐ役割や害虫対策ができることです。

スカートが付いていないので、冬のキャンプにはあまり向かないテントという事になります。

アメニティドームの種類(サイズ)

アメニティドームには下記3種類があります。

アメニティドームS

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥32,780 (2020/07/02 00:33:45時点 Amazon調べ-詳細)
  • 対応人数3名
  • 室内高:120cm
  • 重量:5kg

アメニティドームM

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥36,027 (2020/07/02 00:33:46時点 Amazon調べ-詳細)
  • 対応人数5名
  • 室内高:150cm
  • 重量:8kg

アメニティドームL

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥54,780 (2020/07/02 00:33:47時点 Amazon調べ-詳細)
  • 対応人数6名
  • 室内高:165cm
  • 重量:9.8kg

アメニティードームの口コミ・評判は?

キャンパ

アメニティドームSはソロキャンプ用に使っている人多いですよね〜!

キャンパ

5年間使用できるっていうのは、やはりスノーピークの品質のこだわりがあるからですね。

キャンパ

他のソロキャン用テントよりもデカイのはちょっと残念なポイント。

アメニティドームのまとめ

この記事ではスノーピークのエントリーモデル用のテント「アメニティドーム」について紹介しました。

アメニティドームは設営も簡易で価格もリーズナブルなので、初めてのテントとして選択肢の1つにするのもありですよ!

スノーピークのエントリーパックTTはタープもセットでついてくるお得な商品なので、スノーピークのテントがきになる方はぜひ検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法
今すぐ確認する
[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法
今すぐ確認する