[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法

エントリーパックTTのレビュー(口コミ・評判は?)

エントリーパックTT

キャンパ

この記事ではスノーピークの初心者向けのテント「エントリーパックTT」についてのレビューや口コミ・評判を紹介します。

エントリーパックTTはテントとタープが一緒になったセットなので、初心者キャンパーの方におすすめです。

エントリーパックTTとは?

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥54,780 (2020/11/24 09:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

エントリーパックttはスノウピークが販売している初心者向けのファミリーテント。

TTは「テント」と「タープ」の略で、この2つが一緒になったセットです。

ヴォールト(テント)

エントリーパックTTに入っているのがまずはヴォールトと呼ばれるテントです。

ヴォールトとはかまぼこ状のテントのことで、このヴォールトのテントだけ購入することができます。

タープ

ヴォールトと一緒にタープもついてくるんですが、タープも単品で買うよりエントリーパックTTのセットで買ったほうがお得。

エントリーパックTTのメリット

エントリーパックTTのメリットについて紹介していきます。

初心者にも設営しやすい構造

初心者向けのテント選びで大切なことは設営のしやすさです。

テントの設営が大変だと、せっかくキャンプ場に行ったのに、テントの設営だけに時間を取られて遊べなかった・・・ということが起こります。

そのような事にならないためには、初心者でも簡単に設営できるテントを選びましょう。

エントリーパックTTはフレーム構造という構造になっており、骨組みの棒を色分けされた箇所に入れていくだけで設営できます。

シェルターとして利用可能

インナーのテントは取り外し可能なので、インナーテントを外してシェルターとして利用することが可能です。

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥54,780 (2020/11/24 09:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

エントリーパックTTのデメリット

エントリーパックTTのデメリットについて、僕が感じた事を紹介します。

価格が高い

スノーピークの製品はデザインや素材にこだわって作られているため、全体的に他のメーカーよりも商品価格が高くなります。

エントリーパックTTも他のメーカーが出している4人用のテントより価格が高くなりますが、スノーピークのテントの中では、リーズナブルな商品となっています。

インナーテントの天井にランタンを設置できない

エントリーパックTTの構造上、インナーテントの天井にランタンを設置することができません。

エントリーパックTTを購入される場合は、置き型のランタンで代用するのがいいですね。

グランドシートは別売り

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥16,280 (2020/11/24 09:15:57時点 Amazon調べ-詳細)

エントリーパックTT用のグランドシートは別売りで、それも価格がかなり高いです。

グランドシートにこだわりなければ、コールマンのグランドシートなど価格が安いもので全然問題ないと思います。

エントリーパックTTの設営や設営時間について

エントリーパックTTの設営は初心者でも簡単にできる設計になっています。

数回設営して慣れれば、下記の時間でできるようになります。

  • ヴォールトの設営:30分
  • タープの設営:30分

エントリーパックTTの口コミ・評判まとめ

エントリーパックTTのまとめ

この記事では、スノウピークの初心者向けのテント「エントリーパックTT」を紹介しました。

スノーピークってかっこいいな〜とぼんやり思っている初心者キャンパーの方にもおすすめのテントなので、ぜひ初めてのテントの候補として検討してみてください。

スノーピークのおすすめ商品一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法
今すぐ確認する
[知らないと損?] キャンプ用品をお得に買う方法
今すぐ確認する